fbpx

ダイニングテーブルも簡単DIY!初心者でも作れます♪

ダイニングテーブル完成

DIY初心者でもOK!カフェ風ダイニングテーブル作っちゃいました♪

賃貸の限られたスペースにピッタリのダイニングテーブルを紹介します。おしゃれなカフェや雑貨屋さんにあるようなダイニングテーブルでちょうどいいサイズ、ちょうどいい金額のものを探すのは大変です。スペースに合った好きなデザインのテーブルを作るにはDIYは欠かせません。
部材としてはアイアン製の脚と木材を使用したシンプルなテーブルになります。ホームセンターで購入することができる材料でも十分おしゃれなダイニングテーブルがDIYできます。アイアン製の脚のデザインや太さ、色を変えるだけで印象がかなりかわってしまうので気に入ったテーブルを見つけたらチェックしておくのも大事です。
イメージに合った脚を見つけることができれば、ホームセンターの木材カットサービスを利用することで塗って組み立てるだけで簡単にテーブルが完成できます。ぜひお気に入りのダイニングテーブルで食事を楽しんでください!

    材料

  • アイアン製の脚…※知り合いの鉄工所で作成してもらいました。
    値段…¥5,000…※一般的に8,000円程度から数万円まで幅広く販売されています。
    購入場所…ホームセンター、ネットショップ
    ※近所の鉄工所でも個人向けに販売してくれるところもあります。
    ネットショップよりも安く購入することができる場合もあります。
  • 木材…2×8(38mm×184mm)×910mm(3フィート)
    値段…¥1,000/1本×4本
    購入場所…ホームセンター
    ※2×8×3650mm(12フィート)とカットサービスを利用することで費用を抑えることができます。
  • 塗料…オスモカラー0.375l(天板用)
    値段…¥3,810
    購入場所…ホームセンター、ネットショップ
  • アジャスター…システムフット
    値段…¥240程度
    購入場所…ネットショップ
  • ビス
    値段…¥10/1本
    購入場所…ホームセンター

    使用した道具

  • ブルーシート
  • 桟木
  • 紙やすり
  • 刷毛
  • ウエス
  • 雑巾
  • 電動ドライバー
  • 六角スパナ

    作業に要した時間

  • 4時間(塗料の乾く時間によって変わります。)

準備

DIYダイニングテーブル材料1

今回のダイニングテーブルは知り合いの鉄工所さんで作って貰ったアイアン製の脚とホームセンターで購入してきた2×8の木材を使います。木材は12フィートを購入して、カットサービスを使って910mm×4本にしてもらいました。
カットサービスを利用することでDIYとしては塗装して組み立てるだけになるので初心者の方でも失敗なくできると思います。のこぎりを使って切ってもいいですが12フィートの木材を運ぶのはなかなか難しいのでカットサービスを利用するほうが早くてお得です。

手順

❶塗装をする前にカットした木材に紙やすりをかけます。
この工程でできた仕上がりがそのままテーブルの手触りになるのでなるべく丁寧に作業してださい。

❷ブルーシートを広げて養生をします。桟木の上に木材を並べて塗装をします。
刷毛で小口や側面などの狭い面を塗って最後に1番広い面を塗ります。

❸木材が乾いたら紙やすりをかけて2回目の塗装をします。
※2回目の塗装は刷毛で塗ったらすぐにウエスで拭き取ると乾かす時間を短縮することができます。

❹必要であればさらに塗装します。
※塗った回数に応じて色が濃くなっていくのでお好きな濃さまで塗る→乾かすを繰り返します。

❺塗装した木材をアイアン製の脚にビスで取り付けます。

❻アイアン製の脚にシステムフットを取り付けます。

DIYダイニングテーブル材料2

ポイント

ダイニングテーブルのDIYのポイントは大きさが自由に設計できるところです。賃貸の限られたスペースにピッタリと収まる大きさに作ることができるのでLDKを有効に活用できますね。夫婦2人暮らしなら今回作った910×740程度の大きさでも十分です。
さらにお子さんができたら天板の木材を作り直すだけでピッタリのダイニングテーブルに変身させることもできます。アイアン製の脚は高額なものもありますが使い続けることができるので長い目で見ればその都度テーブルを買い換えるよりもお得になります。天板の塗装に使用したオスモカラーはドイツ製の人と自然にやさしい自然塗料です。
植物油ベースで自然にも優しくお子様がいるお宅でも安心してテーブルに使えるのが魅力です。水やお茶などをこぼしてしまってもシミになりにくいので長い間綺麗に使い続けることができます。

DIYダイニングテーブル材料3

感想

今回はアイアン製の脚と木材を使うことでカフェ風のダイニングテーブルをDIYしました。天板のサイズも賃貸のスペースに合わせることができLDKを広々と使えます。40角のアイアン製の脚と38mmのツーバイ材を組み合わせることで無骨でガッシリとしたテーブルに仕上がりました。
脚のデザインや色、太さ、ツーバイ材の厚みや幅を変えることでカフェ風のテーブルに限らず幅広いテイストの部屋に合わせることができます。ただし、太い脚に薄い天板や細い脚に厚い天板をあわせてしまうと全体のバランスが崩れてしまうこともあるので注意が必要です。
実際にお店にあるテーブルを見たりネットショップの画像をよく見て全体のバランスが崩れないようにデザインするのも大切です。機能的にはシステムフットが活躍してくれます。20°の首振り機能があるので賃貸の床の微妙な傾きにも対応でき、床の傷防止にも一役買ってくれます。是非取り入れたい部材です。

DIYダイニングテーブル材料4

ダイニングテーブルも簡単DIY!

編集後記

賃貸ではダイニングテーブルを使わない方もいるかも知れませんが食事をするテーブルがあるだけでリビングとの棲み分けができるので部屋がスッキリします。ちょっとお友達を呼んでお茶をするときにも重宝しますよ。
自分好みのダイニングテーブルで取る食事はいつもよりいっそう美味しく感じるはずです。自分たちにピッタリのダイニングテーブルを是非DIYで叶えてください。

シェアする