fbpx

ラップの芯でハンドメイドDIY。竹みたいな和風ペンスタンド

DIY和風ペンスタンド完成図

硬くて丈夫なラップの芯にひと手間加えて、ちょっと変わったペン立てに。

ラップやアルミホイルを使い終わると紙の芯が残りますよね。いつもはゴミとして廃棄してしまいますが、実は硬くてけっこう丈夫。優秀なDIYの材料になっちゃいます。

今回は、こちらを使って竹みたいなペン立ての作り方をご紹介します。

    材料

  • ラップの芯:お好みの長さ、本数。画像の作品では、30㎝のものを1本と半分くらい使いました。
    値段…¥0
  • ステンレストレー 約18㎝×8.5㎝ 1枚
    値段… ¥108
    購入場所…100均ショップ
  • 石 ステンレストレーいっぱいに乗るくらいあれば十分
    価格…¥461/2kg
    購入場所…ホームセンター
  • 石粉粘土 適量
    値段… ¥108
    購入場所…100均ショップ
  • 紙粘土 適量
    値段… ¥108
    購入場所…100均ショップ

    使用した道具

  • カッターナイフ(大)
  • 工作マット
  • 紙やすり
  • アクリル絵の具
  • ニス
  • 台所用スポンジ
  • 各種接着剤(木工用ボンド・金属に接着可能なもの)

    作業に要した時間

  • およそ1日(塗装後の乾燥時間など含む)
DIY和風ペンスタンドの材料・ラップ芯
DIY和風ペンスタンドの材料・小石

※トイレットペーパーの芯のように薄いものよりも、分厚くて硬いものの方がよいです。
※石はトレーに敷き詰めるので、小さめの石であればOKです。今回は手頃なものが無かったので、金魚水槽用の新五色石(中目)を購入しました。
※石粉粘土と紙粘土は1:1の割合で混ぜて使いますが、紙粘土は無くても大丈夫です。

準備

こちらの作品では、扱いの難しい電動工具などは一切使いません。代わりに、カッターナイフを使った切断作業がございますので、軍手などの着用をおすすめします。

また、竹の部分につきましては、ほぼすべての面に塗装いたしますので、古新聞などを敷いておくと机が汚れません。お怪我には十分ご注意して、作業してくださいませ。

手順

❶カッターナイフを使って、芯を切断します。正面から切り口が見えるよう、大体45°になるように斜めに切ります。芯は硬いので、手を切らないようにご注意ください。芯が転がらないように、下に柔らかい布などを敷くのがおすすめです。

DIY和風ペンスタンドの材料・カットしたラップ芯

❷切断した芯の切り口を、紙やすりでととのえます。後で絵の具を塗りますので、目の粗いもので平らにする程度で大丈夫です。

❸石粉粘土と紙粘土を1:1の割合で混ぜ、よくこねます。細長く伸ばして、竹の節目の部分を作ります。

DIY和風ペンスタンドの材料・煉り合せた粘土

❹❸で作った竹の節目を、木工用ボンドで①の芯に巻き付け、粘土ベラでなじませます。 粘土と芯の境目をなるべく薄く伸ばしてください。凹凸が大きいと、塗装した時に目立ってしまいます。粘土が乾いてきたら、指に水を付けて表面を撫でますと柔らかくなります。

DIYペンスタンドの材料・塗装前のペンスタンド

❺粘土が乾燥したら、アクリル絵の具で色を塗ります。

<外側>

  1. 白色をスポンジで叩いてのせます。
  2. 白色が乾いたら、黄色を同じようにして塗ります。
  3. 黄色が乾いたら、緑を重ねます。
  4. その後もお好みで、薄い色→濃い色の順番で重ねてください。

私は筆を使うのが苦手なので、下塗り以外にもスポンジを使いましたが、竹には縦に筋が通っておりますので、筆を使って縦に塗っていくとより竹らしくなると思います。

<内側>

  • 筆を使って、竹の内側の色を塗ります。
  • 私は、少量のイエローオーカーとイエローに、白を多めに混ぜました。
    芯が長い場合、奥に筆が届きにくくなりますが、覗き込んだときに見える範囲にはしっかり塗っておくと見栄えが良いです。

  • 竹の切り口にも、忘れずに塗ります。

※一度塗りのみですと、色ムラが出てしまうので、二度塗りがおすすめです。
絵の具がしっかり乾いてから、ニスを塗って仕上げます。

竹の本体が完成です。

DIY和風ペンスタンドの材料・塗装したペンスタンドの筒

❻ニスが乾燥したら、接着剤でトレーに接着します。
サイズや厚みが丁度良く使いやすかったため、こちらのステンレストレーを選びましたが、和風のお皿やお好みの板を使うのも良いと思います。

※接着剤は、素材に対応したものを選んでください。

DIY和風ペンスタンドの材料・完成間近

❼竹の根本周辺に、石を配置します。トレーに接着剤を塗って石を敷き、お好みで更に重ねます。石ではなく、ビーズや土を盛って固めると、またイメージが変わってくると思います。
※石を敷き詰める場合は、あまり大きいと隙間だらけになってしまうので、小粒のものを選ぶのがおすすめです。

以上で完成になります。

ポイント

  • 見える部分の塗装は綺麗に仕上げる。筆塗りがうまくできない場合は、台所用スポンジを使えばムラなく塗れて、時間短縮にも。
  • 竹の切り口の角度をなるべくそろえる。芯には斜めにラインが入っているので、それをガイドラインにすると切りやすい。
  • 接着剤は材質に合わせて選ぶ。

以上の3点が、今回のDIYのポイントになります。

絵の具や粘土を使うのが面倒な場合は、可愛い包装紙や折り紙、柄入りのマスキングテープを使ってデコレーションするのもおすすめです。底部分に剥がれにくい材質を使えば、グルーガンで簡単にくっつけることができます。

DIY和風ペンスタンドのアレンジ例

千代紙を貼って、高さを変えてみるなど……。色々な材料やカラーで、ぜひ試してみてくださいませ。

感想

DIYに使えないかと残しておいたラップの芯を見て、パッと思い浮かんだのが竹でした。また、普段からよく使うペンやカッターの置き場が定まらず、いい機会なのでペン立てを作って立てておくことにしました。芯の内径が小さいので、幅の広いものは入らないのが残念です。色々と模索しながら制作を進めて、後から『こうすればよかった』と思う部分もありますが、概ねイメージ通りの仕上がりになったと思います。

ラップの芯をリサイクルDIY!和風ハンドメイドペン立て

編集後記

この度は、初めてこちらのサイトの記事を執筆させていただきました。
あまり自分の作ったものやアイディアを誰かにお見せすることが無いため、ちょっと恥ずかしい気持ちもあります。下手だったり、改善すべきところもたくさんあると思います。
拙いですが、少しでも誰かに楽しんでいただけることを願っています。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

シェアする