fbpx

壁紙の基本知識

キレイな壁紙の部屋

壁紙はインテリアセンスの出しどころ

壁は部屋の印象を作る大事な部分。それもそのはず!壁のない部屋はないですし、部屋の中で大きな面積を占めますから。
壁紙を自分好みにアレンジすると、一気に部屋のデザイン性がグレードアップして、印象も格段に良くなりますね。壁は大事なインテリアデザインのパーツなのです。

壁をデコレーションするには、棚、フック、絵画やポスターなど好きなインテリアやアートで飾りつける方法と、壁紙そのものを交換してしまう方法があります。一気にお部屋の印象を自分のセンスに染めるなら、壁一面を変身させてくれる壁紙交換が効果絶大です!

壁材の種類

壁の素材は、クロス(壁紙)、タイル、板壁、塗壁の4つに大きく分類されます。このうち、一般家庭で圧倒的に多く使用されているのが、クロスですね。
このほか、キッチンやトイレ・洗面台などの水回りに多く使われるのがタイル材。板壁は、腰の高さまでの腰板にして、お部屋のデザインにアクセントをつけたり、木の質感を活かした部屋に使用されます。
最も手作業の温もりを感じられる壁材は塗壁。古くから和風住宅で使用されてきた土壁や、高級感が漂う漆喰…。今は吸湿や消臭機能に優れた珪藻土も人気ですね。

壁材の費用は、素材のグレードにもよりますが、安いものから順にクロス→板壁→タイル→塗壁。断トツに安くリフォームできる壁紙が多く使用されています。費用面で一番安いクロスですが、最も簡単に施工ができるので、DIYの手軽さもナンバーワンの壁材です。
低コスト×短時間というわけで、マンションの室内壁の多くは、クロスが貼られていますね。

ガーリーな雰囲気の板壁

壁紙の種類

ひとことでクロスといっても、クロスの材質にはいろいろな種類があります。

  • ビニールクロス
  • 一番安くて、多用されているのがビニールクロス。クロス材の中でも最も安価で耐久性も高く、気軽に交換しやすい素材です。ビニールクロスは、その名のとおり、塩化ビニールというビニール製のシートの裏に紙が裏打ちされています。
    プリント柄や表面に凹凸があるエンボス加工されたものなど種類が豊富で、お掃除も手軽!賃貸マンションの壁には最適な素材なので、賃貸マンションの壁といえば、ビニールクロスが使用されていることがほとんどです。

  • 紙クロス
  • 昔から使用されている壁紙素材。さまざまな絵柄がかかれていたり、アート性の高い高級な紙クロスも人気です。イギリス発のインテリアブランド、リバティーの花柄クロスは、「リバティー柄」と呼ばれ、世界中に根強い女性ファンがいます。そのほか値段は少し高くなりますが、最近は和紙でできたクロスもモダンな模様がデザインされたものが登場し、注目を集めています。

  • 織物クロス
  • 織物クロスは、素材自体が麻やレーヨンなどの糸で織り上げられた壁紙素材です。壁に立体感が生まれ、ビニールクロスよりも重厚感がありますが、お掃除しづらいのと、ほこりなどを吸着しやすいのが難点です。タバコなどを吸う部屋では、ヤニがつきやすいのでこまめな手入れに注意しないといけません。

    織物クロス
  • その他のクロス材
  • 最近の自然志向やDIY人気によって、さまざまな素材のクロス材がラインナップされています。他の壁材の材質に寄せて、木材をそのままシートにした木質壁紙やコルクシートの壁紙。人気の塗壁、珪藻土と紙クロスを融合させた珪藻土壁紙など、探せばクロス材でも従来のクロスの限界を越えた高デザインのクロスが見つかります。
    このようなデザイン性が優れたクロス材のほか、消臭効果・抗菌効果・耐火性・防カビ効果といったお部屋の悩みを解消してくれる多機能な壁紙も豊富に登場しています。嬉しい多機能クロスは、ほかにも吸湿効果やマイナスイオン効果、汚れがすぐに落とせるクロスなど、多種多様です。

    壁紙を交換するときには、デザイン性だけでなく、自分の目的にピッタリの壁紙を選ぶと良いですね。

    汚れを落とせる壁紙

壁紙張り替えの費用

一般的な賃貸マンションや建売物件に使われている安いクロスの相場は、1平米あたり1,000円前後。例えば珪藻土クロスや有名メーカーのブランドもののクロスなど少し高価な壁紙でも1平米あたり1,500円程度…。それほど大きな差は感じないのではないでしょうか。壁紙は、張り替え部分の面積を計算して、それに柄合わせや角部分など変形パーツの予備面積2割ほどを加えた面積分を用意します。

しかし、実際に業者さんにクロス張り替えを依頼した場合の見積もり費用には、家具などの移動作業・養生作業・廃材処理費、さらに人工代など様々な諸費用が加算されます。だから、壁材の素材としては最も安いクロス材でも、張り替えを業者さんに頼むとなると、ビックリするほどの見積もりが返ってくるというわけです。

壁紙張り替えは初心者でもDIYしやすい!

DIYの人気が一般的に定着した今、プロの技がなくてもプロ並みの完成度に仕上げられるスグレモノの壁紙がたくさん見つかります。
壁紙の裏にノリがついていて、下地材不要!貼るだけで仕上がるお手軽壁紙などはシールを貼るのと同じ感覚で壁紙交換ができます。さらに古い壁紙を剥がさなくても、古い壁紙の上に貼り付けられるタイプもあり、賃貸マンションのイメージチェンジができるので、大変人気ですよ!

DIYで壁紙交換をした場合に必要な費用は、材料費のみ。人工代や撤去作業などは自分でカバーできるので、たとえ少し高めの壁紙を選んだとしても、大きなコストダウンになりますね。 。

壁紙交換は高難度の技術は不要なので、DIYでもキレイに仕上げられます。不安なときは、DIY実践動画で予習をしたり、ホームセンターのアドバイザーに相談してみたりするのもおすすめです。
大きな面積なので大掛かりな作業のようにみえますが、完成したときの達成感も満足度も大きく期待できるクロス張り替えDIY。チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

シェアする