fbpx

DIY木材の選び方

DIY木材

DIYの必須アイテム、木材の調達には欠かせないホームセンター。材木コーナーに足を運ぶと、店内には様々な種類の木材が売られていますね。

品揃えも豊富だし、木材の種類だけで分類されているわけでもないので、初めてオリジナルDIYにチャレンジするとなると、木材選びで迷ってしまいがちです。

DIYの基本中の基本!DIY向け木材の種類や用途別の選び方について勉強してみましょう。

木材選びのポイント

木材選びはDIYの成功にとって、最も重要なポイントのひとつです。木はもともと植物(生き物)なので、カットされていても、木材ごとに性質が異なります。
木材の方向によって強度も変われば、加工の仕方によって反りや伸縮が起きやすかったり、経年変化で色味が変わってきたリと、木ならではの特性があるので、用途に合った木材を選ぶことが重要になってくるのですね。逆に作りたいアイテムに向いていない木材を選んでしまうと、割れや歪みが生じたり、加工が困難だったりとDIYの失敗に直結してしまいます。

目的に合った木材を選びましょう!

カット木材の成形方法

丸太状態の木材から加工しやすいカット材にするまでの成形方法は、大きく分けると3つの方法があります。

無垢材

無垢材は、その名のとおり伐採した原木をそのままカット材のサイズに切り出した天然無垢な状態の木材です。天然木ならではの風合いが素敵で、最も温もりを感じられるカット材ですが、木の性質もそのまま作業工程や完成後のDIYアイテムの特性となって表れるので、木の特性を知って適材適所の使い方に注意したい木材です。

DIYで人気の木材、SPF材も無垢材のひとつ!DIYビギナーさんは、ぜひともSPFの特性を知っておきましょう。

SPF材とは

SPFは、スプルス(松)、パイン(松)、ファー(モミ)という3種の木材の頭文字をとった総称です。3つともマツ科に属する針葉樹ですが、商品としてはこれらの樹種が混合して販売されています。
白い木肌で木目も美しく、しかもとっても安価!材質が柔らかく軽いので加工もしやすい。まさにDIYしやすく初心者にもおすすめの木材なのが人気の理由です。ただし、反りが生じやすいので、DIYで使用するときには、使いどころや塗装するなどの、変形防止対策が大切です。

SPF材

集成材

集成材は、挽き割ってよく乾燥させた細かな板材を接着剤で張り合わせて加工した、人工的なカット材です。伸縮や歪みなど木ならではの特性が出ないよう加工しているので、寸法変化や経年変化が少なく、強度が安定しています。このため建築資材としても用いられますが、木目や質感といった木材の美しさは得難い木材です。

形状が安定しているので、家具など歪みを避けたいアイテムのDIYに適していますが、材質が硬いので、カットするのはちょっと大変です。

合板

合板は、薄い単層の板を張り合わせて成形した木材です。DIYや工作など多目的に使用される合板のほか、建築資材として使用される合板もあります。一般的にベニヤ板と呼ばれている木材は、この「ベニヤ合板」のことです。

安い割に安価なためDIYでも利用されることの多い合板は、表面に木目調のラミネートフィルムを合わせたプリント合板、塗装板を合わせたカラー合板など、貼り合わせている板の違いによっていろいろな種類があります。

リーズナブルな天然木調の家具には、薄くスライスした天然木を突板にした天然化粧合板が使われているものも多いです。
総じて安価で加工もしやすいですが、釘を打つと割れ目が入りやすいのという難点があります。

木材の使用用途

用途は大きく分けて、屋外向けと室内向けの2つに分類されます。

屋外では雨ざらしになったり湿気を帯びたりしやすく、紫外線もたっぷり浴びることになります。寒暖など気温の変化もモロに影響を受けますね。屋外のDIY木材には、湿気や環境に強く、耐久性が高い材質を選ばなくてはいけません。
一方、室内用のDIYアイテムの素材として使用する木材選びには、大きな注意点がないので、見た目や加工のしやすさ、値段などにポイントをおいてDIY木材を選ぶことができます。

屋外向けのDIY木材

エクステリアやアウトドアのDIY木材としては、レッドシダーが人気です。レッドシダーは、日本では米スギ(ベイスギ)と呼ばれています。実は、このレッドシダー。スギ材ではなくヒノキ科の木材です。寒暖に強く、加工もしやすいのに値段もそこそこ安価!特に、ウッドデッキには最も多く利用されています。

SPF材は、屋外アイテムの素材としても人気ですが、屋外で使用する場合は、耐久性を上げるために、防腐剤入りのカット材を選んだり、最後に防腐剤入り塗料を塗るなどの対策をした耐久性が高くなります。

室内向けのDIY木材

室内用アイテムのDIYでは、基本的にどのような木材も自由にD選んでも問題ありません。
ただし、床や子ども用家具など、傷や凹みができやすいモノには強度の高い木材を、棚板には反りが少ない木材を、といった適材適所に注意しましょう。

白く滑らかな木目で加工もしやすいSPF材は、お値段も非常にリーズナブル!DIY初心者さんには、イチオシのカット材ですよ。サイズも規格化されていて、メーカーや購入店ごとのバラつきがないので、DIYレシピどおりの作成も実現しやすく、DIYにとっては強い味方の木材です。

SPFはDIY初心者さんに嬉しい万能材

木材選びのポイントは、木材の特性を知って、用途に合わせた適材適所の材質選びをすること。
慣れないうちは、ホームセンターで質問してみることをおすすめします。ホームセンターには、DIYアドバイザーさんがいるので、目的にピッタリな木材選びをお手伝いしてくれるだけでなく、DIY知識の勉強にもなります。

自分好みのオリジナルDIY作りを楽しんでくださいね!

シェアする